その思考のもと

今や生活に欠かせないもの

世界各国に占いは存在しています。
そしてその方法は多岐に亘りますが、基本となるものはあまり異なりません。
古代エジプトを起源とするものも、古代中国を発祥とするものも、いずれも星座や太陽、月などの天体や大地、樹木、土など人間の暮らしに不可欠な自然に存在するものばかりです。
つまり、占いは人の暮らしに欠かせないものが元となっているのです。
それらを元に占って診断を出すという行為から、超自然的、超人間的といったイメージを持たれることもありますが、実際には人々に暮らしに根付いたものなのです。


不思議な世界

昔、占いはその性質上、超人的な行為とされた時代もあり、占い師たちがもてはやされた時代もありました。
けれども実際には、統計学により導き出されたものが、運命や運勢といった診断の結果なのです。
その方法はさまざまありますが、多くはその人の生まれた年月日や姓名、手相、血液型などといった生まれながらに持ち合わせた自分自身ではどうしようもないものを情報としています。
それらから判断できる結果が、その人が生まれながらに持ってこの世に誕生した運勢や運命なのです。
もちろん、生まれたのちにそれらが変化していくこともあるでしょう。
しかし、その人の人生はある程度生まれながらに定まっているというのが考え方の基本なのです。
仕事運や金運、恋愛運など、さまざまな運勢はその時々で変化していくことでしょう。
それであっても、持って生まれたものは、生まれ落ちた時点で基本的には変わらないのです。
その人の人生を占う方法はいくつも存在します。
手相を見たり、うお座今日の運勢で星座を参考にしたり、四柱推命や姓名判断といった方法もあります。
けれども、きちんと占えばそれらやり方は異なっていても導かれれる結果はどれも同じような内容になるはずなのです。
科学的根拠はないとされていますが、この不思議な現象だけはどうにも解明しようがないのではないでしょうか。

新着情報

◆2016/03/02
西洋と東洋の考え方の違いを新規投稿しました。
◆2016/03/02
西と東の代表を新規投稿しました。
◆2016/03/02
自分の運勢を知るためにを新規投稿しました。
◆2016/03/02
自分の運勢を知りたいですか?を新規投稿しました。
◆2016/03/02
基本の「命」「卜」「相」「霊」を新規投稿しました。